2009年2月 5日 (木)

横浜市南区Y邸木工事3

0205_015

外壁が中塗りまで完了しました。

仕上げはどんな色になるかお楽しみです。

0205_007

階段がつきました。

これで脚立で上り下りしなくてすむので楽になります。

0205_008

2階リビングの状況。

プラスターボードが貼られようやく部屋らしくなりました。

あとはクロスを貼って仕上げです。

2008年12月26日 (金)

横浜市南区Y邸木工事2

1223_002

外壁の様子

通気防水シートの上に通気胴縁を一尺五寸間隔で留め、

その上から木摺(アラシ)を張っていきます。

1223_006

内部の様子

床下地(構造用合板)の上から、

フローリングを張ってるところ。

1226_001

壁、天井にグラスウールを充填する。

グラスウールは断熱性能の他吸音性能もあります。

壁に断熱が入ると冬の現場も少しは寒さがしのげます。

1226_015

1階店舗部の天井下地が組まれた状態

2008年12月16日 (火)

横浜市南区Y邸木工事1

1216_025

屋根工事終了です。

上棟の後はまず屋根を仕上げます。

そうすることで内部工事が天候に左右されずにすむからです。

垂木に野地板を打ちつけて、下葺き材(アスファルトルーフィング)をはり、

今回は仕上げに防火シングルを葺きました。

1216_019

屋根工事と同時にバルコニーの防水処理も行います。

桁、梁に打ち付けた構造用合板24ミリ(剛床仕様)の上に、

水勾配をとって構造用合板12ミリ、

その上にケイ酸カルシウム板12ミリを張ります。

その後、塗装工によりFRP処理が施されます。

1216_012

外壁側に透湿防水シートを張ります。

サッシの納まるところにあらかじめ

窓台、まぐさを柱、間柱に固定し、サッシを取り付けます。

サッシ廻りはシートとの間を防水テープをしっかり張ります。

1216_014

野縁(天井下地)を組んでいきます。

この後断熱材(グラスウール)を敷き、

プラスターボード、クロスを貼っていきます。

2008年12月 3日 (水)

横浜市南区Y邸上棟後

1203_023

建方が終わると、外部は屋根工事に移り、

内部では間柱とすじかい、金物が設置されます。

1203_003

天窓のサッシは上棟と同時に取り付けられます。

1203_017_3

すじかいや金物が設置されたことで軸組が固まり、

建方時に取り付けた仮筋かいが外されます。

2008年11月28日 (金)

横浜市南区Y邸建方工事

1129_001

建方当日。

1階柱から棟木まで一日に一気に立ち上げます。

1129_004

クレーン車で材料を上げます。

昔は全て手で上げたそうですよ。

1129_006

日が傾いてきた中、母屋、棟木を掛けています。

このあと垂木を掛け、野地板を貼りこの日の作業は終了です。

1129_017

上棟したら棟木にお飾りを立てて、

酒、塩、米で建物の四方を清めます。

1129_012

ちなみに写真の人は当社の社長です。

«横浜市南区Y邸土台敷き